【DEAD STOCK】French Army M-47 Field Jacket 後期

¥13,200 (tax in)

・フランス軍

・M-47ジャケット後期

・デッドストック

 

価格¥13,200(税込)

在庫切れ

商品コード: S1907-01-002 商品カテゴリー: , 商品タグ:

説明

【DEAD STOCK】French Army M-47 Field Jacket 後期

フランス陸軍のM-47フィールドジャケット後期タイプが入荷しました。


【寸法】

①肩幅:46cm

②身幅:57cm

③裾幅:66cm

④着丈:76cm

⑤アームホール:29cm

サイズ表記:26

Color:Olive

※未洗いのため洗濯をすると全体的に一回りほど縮みますのでご注意ください。


 

1947年にフランス採用されたM-47フィールドジャケット。

 

所説ありますがもともとはアメリカ軍のM-1943をベースにフランス軍が改良をして制作されたミリタリージャケットとも言われています。

1947年といえば第二次世界大戦後であり、当時のフランスは大戦後と不安定な政体が重なり不況に見舞われます。そこで他国(同盟国)の援助を受け不況を乗り越えようとする体制をとるのですが、その間に出来上がったのがM-47。つまり、その時にアメリカの援助を受け、結果M-1943のデザインを取り入れ開発されたのではないだろうかという説が浮上しました。

 

実際にはどうかわかりませんが、ここまで似ているとそうなんじゃないかな?と思ってしまうほど似ています。

 

今回入荷したのは後期タイプです。

 

前期 → コットンツイルまたはホップサック生地を使用。

 

後期 → コットンヘリンボーン生地を使用。

 

前期をお探しの方はこちら → 「クリック」

 


 

後期タイプはサイズタグがつきます。前期ではこの部分がステンシルになっています。

 

前期タイプと同時に仕入れ、サイズ・状態・数量ともに前期同様に“26”の2着のみの入荷です。

26サイズは日本人体形でいうところのM~Lサイズ相当になります。ずっと探していたサイズです。しかもデッドストックで…

 

ちなみに「2」が身幅を表し、「6」が着丈を指しています。

 

後期と前期の違いは細かくありますが、やはりわかりやすいのは生地。先ほども述べたように後期タイプはコットンヘリンボーンで、前期と比べるとやや薄手になります。

薄手のヘリンボーンに変更した理由は詳しくわかりませんが、私(オーナー)の勝手な憶測は生地の通気性を良くしたかったのではないだろうか?と思っています。というのも前期だとやや厚めのコットンツイルを使用しているため、少し気温があがるとどうしても暑さをモロに感じてしまいます。そこで生地を薄手にしようとなりますが、そうすると同時に生地の耐久性が落ちてしまい戦闘で使用するには心もとないジャケットになってしまう。

耐久性はそのままに通気性の向上…ヘリンボーンだ!ミリタリー以外で強度を重視するワークアイテムでも使用されるヘリンボーン。生地の目が詰まる分耐久性はそのままに薄く変更できるのではないだろうか!?そうして後期タイプが産声をあげたのでした。

 

ここまで書いといてなんですが、これはあくまで個人的憶測です。この真実を知る博学な方がいらしたらお問合せフォームよりご指摘ください。(笑)

 


 

こちらの写真はジャケットを裏にしたときの写真で、ウエストにはドローコードが施されています。

 

襟裏にはチンストラップがついています。寒さが厳しい季節にこのストラップを活用するとマフラーいらず…とまではいきませんが、ある程度風の侵入を防いでくれるので何かと便利です。

 

このチンストラップを写真のように上までしめて、ウエストのドローコードでウエストを引き締める。すると、モーターサイクルジャケットのようなシルエットになります。気分でこういった着方を楽しむのもおすすめです。

 


 

肩にはエポレットが施されています。

 


 

 

ここ数年で前期後期関係なく、このM-47ジャケットが人気を博しておりなかなか市場でも出回らなくなってきました。もちろん価格変動も起きています。

今現在お探しの方は是非お早目にお買い求めください。

 

購入方法は「SHOP GUIDE」をご覧ください。



SPECIAL ITEM