【DEAD STOCK】The Netherlands Army Downjacket

¥22,000 (tax in)

・オランダ軍

・リバーシブルダウンジャケット

・デッドストック

 

価格:¥22,000(税込)

 

S~Mの中からサイズを選択してください。

クリア
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ:

説明

【DEAD STOCK】The Netherlands Army Downjacket

オランダ軍のリバーシブルダウンジャケットが入荷しました。

 


 

S】サイズ

①肩幅:46cm

②身幅:56cm

③裾幅:54cm

④着丈:68cm

⑤アームホール:25cm

⑥袖丈:62cm

 

M】サイズ

①肩幅:48cm

②身幅:58cm

③裾幅:56cm

④着丈:74cm

⑤アームホール:26cm

⑥袖丈:66cm


 

【表】

Color:Olive


 

【裏】※リバーシブル

Color:Coyote


 

オランダ軍で採用されているリバーシブルのダウンジャケット。オランダ軍のダウンジャケットというだけでも珍しいのですが、そこにリバーシブルという機能性が追加され、タウンユースでもかなり重宝するであろうミリタリーアイテムに仕上がっております。しかも表がオリーブ、裏がコヨーテ(黄色味が強めのベージュ)という絶妙に使い勝手の良いカラーチョイス。

 

中綿にはイギリスのSnugpak(スナグパック)社のSOFTY(ソフティ)という人口の中綿を使用しております。

スナグパック社とはイギリスにあるアウトドアメーカーであり、過酷な環境下でも対応できる寝袋など多くのヒット商品を生み出している会社です。そんなスナグパック社が開発したソフティという素材は超軽量保温繊維であり、その保温力が快適外気温マイナス20℃…

なんと、文字通りに快適に過ごせる気温がマイナス20℃という驚異の保温力がソフティにはあるのです。正直マイナス20℃にあまりしっくりきていないのと、どういう状態でマイナス20℃を快適と感じたのかなど疑問点がありますがとにかく暖かいそうです。(笑)

 

また、今では珍しくもなくなっていますがソフティは水濡れに強く、自宅での洗濯の可能です。洗濯方法は人それぞれだとは思いますが、私(オーナー)は洗濯ネットに入れ、手洗いコースを選択。中性洗剤を入れそのままスタート。日陰干しでハンガーにかけ、形を整えたら完了・・・そうです、普通に洗っているのです。

 

洗濯ネットは大きいサイズ?と思う方もいるかもしれないですので、下の写真をご覧ください。

 

フロントポケットの中に小さな袋が入っており、この袋にコンパクトに収納することが可能。つまり、こちらも今では珍しくもなくなってきたパッカブル仕様のダウンジャケットです。

ですから洗濯ネットもある程度の大きさのものに入るので、わざわざ大きいネットは買わずにご家庭にあるサイズのもので洗濯ができます。

 


 

 

生地には防風と撥水加工が施されています。

表地のショルダー部分と袖に切り返しがありますが、これは伸びや擦れ防止のために強度の高い生地を採用。軍用に考えられたディテールですが、単純に洗濯などで起こる型崩れも防いでくれる働きもあります。

 


 

各国の軍用ダウンジャケットをみていると襟の中にフードが隠されていたりものが多いですが、オランダ軍はリバーシブルのためフードはつかず、襟元にアジャスターがつきます。風の強い日はアジャスターを絞めて体温を保ちます。フードがない分、首元のボリュームが抑えられすっきりとした印象になります。

 


 

このアイテムの語りどころは何と言ってもリバーシブル。

リバーシブルアイテムはすごく画期的なアイディアなのですが、縫製や組み立てが複雑な分、裏のデザインや作りが少し雑になっているものもあります。リバーシブルなのに裏面のデザインがいまいちで、結局表面でしか着なくなってしまったり…。それが苦手でリバーシブルアイテムを敬遠する方もいらっしゃいます。

しかし、今回このアイテムを仕入れた理由が表同様に裏面のクオリティが高いというところです。カラーリングもそうですが、裏のデザインもタウンユースに使いやすいデザインであり、かつ表と裏のメリハリがあるので文字通り“2着の要素”をしっかりと兼ね備えています。

 

まずは細かな部分から

 

【表】

 

【裏】

 

裏表どちらにも風の侵入を防ぐための前立てがつきます。MA-1などにもあるストームフラップと同じような働きをしてくれるディテールですが、表にも裏にもあるということは同時にフラップが二重になっているということ。つまり、徹底的に風をシャットダウンしてくれます。リバーシブルをうまく活かした構造です。

 


 

【表】

 

【裏】

 

 

こちらも裏表両方にオキシジェンタブ(?)がつきます。※米軍のフライトジャケットではこのタブをオキシジェンタブといいますが、オランダ軍だとどういう名称なのかわからないので、とりあえずオキシジェンタブと呼ばせていただきます。(笑)

 

酸素マスクなどのホースを固定するためのタブなのですが、表だけではなく裏にまでつけています。実際は軍の活動でメインとして使用されるのは表面。裏はなにかの緊急時でしか使用はしないので、個人的にはつけなくてもバレない気がしますが…命に係わるものだからこそ、裏も面倒くさがらずに丁寧に作り込まれています。

 


 

【表】

 

【裏】

着用体形:身長170cm 体重60kg ※Sサイズ着用

 

表面はシームが見えず、オリーブカラーも相まって武骨ながらも上品さがあるデザイン。裏面は暖色でキルティングのピッチも見え、表面と比べるとカジュアルなイメージになります。

どちらも落ち着いた色なので、スタイリングの幅はかなり広がると思います。

 

ここ2、3年で軍用ダウンがかなりの人気を博していますが、小柄な方だとXSサイズでも大きくて着れないこともあります。それもそのはず。米軍や英軍のものはレイヤリング(重ね着)を重視しているので身幅を大きくしています。ですので中綿が人口繊維でもボリュームがあるように感じてしまいます。

一方のオランダ軍はレイヤリングシステムではないので普通のサイズ感で着用いただけます。さらに人口の中綿を使用しているので、街着のダウンジャケットよりもスマートなシルエットになっております。

 

形、色、サイズ、デザイン、機能性、どれをとっても文句なしの一着です。

 

気になる方は是非。

 

購入方法は「SHOP GUIDE」をご覧ください。

追加情報

size

Sサイズ, Mサイズ



SPECIAL ITEM