US Army M-65 field pants

¥9,680 (tax in)

・M-65 フィールドパンツ

・アメリカ軍

・W27~W31

 

価格:¥9,680(税込)

在庫切れ

商品コード: S1904-04-002 商品カテゴリー: , 商品タグ:

説明

US Army M-65 field pants

アメリカ軍のフィールドパンツが入荷しました。


①ウエスト:78cm

②股上:32cm

③股下:72cm

④ワタリ幅:29cm

⑤裾幅:25cm

表記w27~w31

 


 

一昔前まではデッドストックでアンダー1万円で購入できたのもあり、カーゴパンツといえばM-65といわれるほど流通していましたが、近年ではデッドストックどころか古着でもなかなか良いサイズが出てこなくなりました。

今回入荷したM-65はあくまで古着ですが、サイズ・状態ともに非常に良かったので1本だけ仕入れました。

 


 

まずはポケットから見ていきましょう。

 

 

多くのブランドがこのM-65をもとにミリタリーパンツを制作するということもあり、このポケットの仕様はかなりメジャーなものとなっています。

 

写真を見ての通り中の荷物が出てこないようにフラップが付き、かつ深さも十分にあるのでM-65を履くときはバックを持たなくていいという方が多いです。

またM-65といえばカーゴポケット。

進行方向である前身は草木に引っ掛からないようにミシンで縫われていますが、後身は荷物が入るようにマチを設けています。要するにカーゴポケットに荷物を多く入れて膨らんでも、障害物に引っ掛からないように計算されて作られています。

 

また、下の写真をご覧ください。

 

 

カーゴポケットから出ているこのコード。

これはポケットに荷物を入れたときに、コードを膝に一周させて、荷物を固定するためについています。所説、止血の際にも使用されるともありますが、カーゴポケット自体は貨物船で作業するときにしゃがんだまま荷物を出し入れするために施されたものなので、実際には荷物の固定目的でこのコードがつけられたのだと思います。

 

使用方法は正直どちらでも構いませんが、ここまで計算されたポケットに心を奪われます。

 


 

 

ウエストにアジャスターがつきます。スペックの表記にもあるようにw27~w31までと幅広い方にフィットするサイズです。

また、「SMELL-REGULAR」と表記もありますが、SMELLはウエスト、REGULARはレングスを指します。このサイズが一番日本人の体形に適しているともいわれています。

 

コントラクトナンバーにはDLA100-78-C-1035とあり78という数字から78年に製造されたものだと判別ができます。

 

裾にはドローコードがあるので、裾を絞っての着用も可能。

 


 

 

年代によりついていないものもありますが、股にストラップがついているのは、負傷した際に脱がしやすくするためです。

現代で使用することは恐らくありませんが、やはり軍物のこういった機能面は非常に魅力的ですね。

 

 

以下、着用写真です。

身長:170cm

体重:60kg

 

この立体を意識したシルエットがたまりません。

太いシルエットにも理由があり元々は寒冷地仕様に開発されたパンツで、このなかにライナーのパンツを履くためにこの太さを採用。

寒冷地仕様といわれると夏に敬遠したくなりますが、実際夏に履く(もちろんライナーなしで)と裾から風が入るので、夏でも問題なく安心して着用いただけます。

 

そろそろ買い替えようという方、あるいはミリタリーパンツを持っていないという方、サイズがあるうちにお早めのご購入をおすすめします。

購入方法は「SHOP GUIDE」をご覧ください。



SPECIAL ITEM